歯を失った方

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

何らかの原因で歯を失ってしまった場合、そのまま放置をしておくと、食事がしづらいなどの不都合ももちろんありますが、それ以上に、周囲の歯に深刻な影響を与え、全体的な噛み合わせが悪くなるという問題が起こってきます。
そのような状況を予防する意味でも、人工の歯を入れることがおすすめです。

歯がない場合の選択肢

症例にもよりますが、多くの場合、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの方法から選んでいただきます。それぞれにメリット・デメリットがありますので、患者さまのご希望に沿って決定していきます。

インプラント治療

インプラント治療

インプラントは、その審美性と、天然の歯とほとんど変わらない使い心地によって、近年注目を浴びている治療法です。
歯を失ってしまった箇所に、チタン製のネジ型人工歯根を、患者さまのあごの骨に埋め込み、その上に人工の歯をつくります。
安定性が高いこと、周囲の歯を削る必要がないこともメリットとしてあげられるでしょう。
当院では日本口腔インプラント学会の指針に沿って、インプラント治療を行っています。 詳しくはこちら

インプラント治療を選ばれる方

  • 失った歯の周りの歯をできる限り削りたくない方
  • 治療の後はきちんと継続的に定期検診に通える方
  • 治療費が比較的高額になっても問題のない方

入れ歯・義歯

入れ歯・義歯

失った歯の代わりに人工の歯を作り、補う治療法です。部分入れ歯や総入れ歯、保険適用のバネ式義歯から、セラミックを用いたものまで、さまざまな種類があります。

入れ歯・義歯を選ばれる方

  • 短期間での治療をご希望の方
  • 比較的安価な方法で歯を補いたい方

ブリッジ

人工の歯を装着しようとする周辺の歯が残っている場合におすすめできる治療法です。
ただし装着するために周辺の歯を削る必要性があるなど、周囲の歯への負担が大きいことがデメリットと言えるでしょう。

ブリッジを選ばれる方

  • 比較的安価な方法で歯を補いたい方
  • 違和感を感じない付け心地をご希望の方
  • 自然な見た目にしたい方(金属バネのついていないタイプの場合)

各治療法のメリット・デメリット

インプラント治療 入れ歯・義歯 ブリッジ
審美性 ×
治療期間 ×(長期間) 〇(短期間) (抜く歯の有無による)
耐久性 ×
治療費用 ×(高額) 〇(保険適用なら) △(失った歯の両隣の歯も削るので)
機能性 ×
治療の痛み

審美性

見た目の美しさで言えばインプラント治療が一番です。人工歯根は顎の骨に埋め込まれ、外にかぶせる人工の歯は天然の歯に非常によく似ているので、一見してわかりません。
入れ歯・義歯は保険適用の場合は金属バネがついていますので審美的な問題があります。
ブリッジの場合も保険適用内では見た目に問題がありますが、保険適用外なら金属バネのないタイプを選ぶこともできます。

治療期間

治療にかかる時間が一番短いのは入れ歯・義歯で、早ければ1週間ほどです。
比較的短期間ですむブリッジも、同じく1週間から10日ほどです。ただし、治療で抜かなければならない歯がある場合は、その抜歯の分だけ時間がかかります。
インプラント治療は、ご自身の歯とインプラントがしっかりついたか確認するための期間が必要なので、最短で考えても5ヶ月程度はかかります。

耐久性

耐久性が一番高いのはインプラント治療で、日本口腔インプラント学会によると、10年後の残存率は90%を超え、長期間にわたって安定的に使うことができます。その次に耐久性が高いのがブリッジで、比較すれば入れ歯が最も耐久性が低いことになります。(引用:公益社団法人日本口腔インプラント学会 https://www.shika-implant.org/contents/old_020.html

治療の費用

かかる費用を考えると、保険適用の金額で済ませるなら入れ歯は選びやすい価格です。 ブリッジも保険適用と自由診療を選ぶことができますが、失った歯が1本でも両隣の歯を削ることになるので治療は3本分必要になり、保険適用の入れ歯と比べると割高です。 インプラントは保険が適用されないので、高額な治療費がかかります。

機能性

硬い物を食べる時やしっかり噛む時といった場合、失った歯の代わりという意味での機能性の高さではインプラント治療とブリッジが優れています。保険適用の入れ歯は機能性ではこの二つに劣ります。

治療の痛み

治療をする上では、ほとんど痛みを感じることがないのが入れ歯です。失った歯の両隣を大幅に削る必要があるブリッジや、外科処置が必要で手術後に痛みが出ることもあるインプラントは、入れ歯に比べるとやや劣ります。

保険適用と自由診療

インプラントは自由診療での治療となりますが、入れ歯とブリッジに関しては保険適用と自由診療の両方を選ぶことができます。
しかし入れ歯もブリッジも審美性や耐久性を考えると、自由診療のものを当院ではおすすめしています。

失った歯を補ってしっかり噛める毎日を

失った歯を補ってしっかり噛める毎日を

歯を失った状態で放置したために、噛み合わせが悪くなって食事がしづらくなったら健康にも悪影響です。さらに大事な歯を失わないように、残った歯の手入れを十分にしていきましょう。
患者さまのご希望に沿った治療を選んでいただくお手伝いをいたしますので、いつでもご相談ください。

お問い合わせはお気軽に

新座市で歯科・歯医者をお探しの際はお気軽にお問い合わせください。
皆さまが健康にお年を重ねられるよう、
まずお口の健康を保つことのお手伝いをしたいと、私たちは心から願っています。

ページトップ